アップル信者の林檎兄さんがFXやバイナリーオプションの自動売買システムで稼ぐ方法を紹介しているブログです。

FXウルフシステムとビーストEAはどっちがおすすめ?

この記事ではFXの無料自動売買システムであるウルフシステムビーストEA(Beast)を比較しています。

  • ・どちらがおすすめなの?
  • ・メリットとデメリットは?
  • ・詐欺じゃないの?

これからFXを始める初心者の方の参考になれば幸いです。

3つの違い

3つの違いをお伝えします。

証券会社

  • ウルフシステム:HotForex
  • ビースト:XM

証券会社はXMの方がメジャーですね。

トレードタイプ

  • ウルフシステム:超攻撃型
  • ビースト:攻撃+防御

勢いがある時のウルフシステムはすごいです(笑)

1ヶ月で30万円以上の利益が出たこともあります。

 

ビーストは攻めと守りの両立が出来ているイメージです。

最大ドローダウン率が30.9%というのも魅力的です。

ドローダウンを簡単に説明すると『口座に入っている資産から最大どれぐらいの損失が出るか?』ということです。

あくまで目安ですが”30%ぐらいの含み損を抱えることもある”と知っているだけでもメンタル的にはかなり楽です。

月利

  • ウルフシステム:平均35%
  • ビースト:平均45%

どちらのシステムもマーチンのような無謀な手法は使用していません

あくまで目安なので相場状況によって月利は変化します。

共通点

3つの共通点をお伝えします。

取り扱い通貨

ドル円、ユロドル

どちらも2通貨のみ対応しています。

今後増える可能性もあります。

パソコン

どちらのEAもWindowsのパソコンだけ対応しています。

MacのパソコンやVPSは非対応です。

損切り

どちらも損切り性能はありません。

ロスカットをする場合は手動で決済をする必要があります。

自己判断で損切りをせずに、必ずコミュニティ内で相談してから判断して下さい。

結論、どっちがおすすめなの?

ビーストEAの方がおすすめです。

あくまで個人的な意見ですが、どちらのシステムも実際に使用した上で判断しています。

ウルフシステムは型にハマれば爆発的な利益を叩き出せる反面、合わない相場状況だとかなり多くの含み損を抱える傾向があります。

ウルフは最大15ポジション保有するので、朝起きた時に画面が真っ赤だった経験が何度かあります(笑)

 

その点ビーストEAは堅実なトレードをします。

資金が一気に溶けることはないでしょう。

証券会社がXMなので使いやすいという部分も少なからずあります。

ビーストEAの詳細はこちらをご覧下さい。

ビーストEAを運用したい方へ

以前はウルフシステムも紹介していましたが、現在はビーストEAしか紹介していません。

ビーストEAは初期費用0円で始めることが可能です。

運用したい方はLINE@からご連絡下さい。

 

<LINE@の友だち追加はこちら>

>サラリーマン×副業

サラリーマン×副業

会社員をしながら本業の収入を超える方法