アップル信者の林檎兄さんがFXやバイナリーオプションの自動売買システムで稼ぐ方法を紹介しているブログです。

億千万バイナリーをおすすめしない3つの理由

これから億千万バイナリーをおすすめしない3つの理由をご紹介します。

そもそも現実的でない

根底から否定する形になってしまいますが、ランディングページトップのキャッチコピーである1か月で973万円がまず怪しいです。

 

「わずか1か月、スマホ片手に973万円を稼ぎだした!SIMPLE2STEP

「シンプルな2ステップを覚えるだけで、あらゆる相場を利益に変える!」

「常識破りの高勝率70%、80%を勝てる確率が1/2と言われるバイナリーオプションで完全再現!」

サイトにはこのようなことが書かれています。

まず思ったのはとにかく長いです(笑)

長文で見る人が冷静で的確な判断ができないようにしています。

それでも、よく読んで解釈してみると、1か月に973万円もの大金をシンプルな2ステップで稼げるということらしいです。

人を引き付けるインパクトという点では素晴らしいですが、いかんせん内容が怪しすぎます。

続けて、稼ぐ理論についての概要が説明されています。

現実的な論理で説明されていればよかったのですが、そうではありませんでした。

億千万バイナリーとは、億万長者だけが知っている奇跡の新理論とのこと。

そして世界初の稼ぎ方で一生お金に困らない夢の生活へと読者へ呼びかけています。

なんだか素晴らしい理論があって、その理論があれば大金を稼ぐことができることを伝えたいのだと判断しました。

ここである違和感に気が付きました。

それは億万長者だけが知っている奇跡の新理論でありながら世界初の稼ぎ方ということです。

矛盾しています。

億万長者だけが知っている時点で世界初の稼ぎ方ではないですよね?

稼いだ人が億万長者になっているのですから。

極端な説明や矛盾のある内容が多い

アホみたいな問題(笑)

ものすごいインパクトのある内容が続くので、気が付きにくいですが矛盾がある説明が多いです。

先ほどの億万長者だけが知っているけど、世界初の理論だったり、月収900万を謳っていた矢先に1か月で600万の利益だとアピールしたりと情報に一貫性がありません。

途中ローソク足波動論の概要について簡単な問題で解説していますが、これがまた極端です。

 

  • 赤は何本?青は何本?答えられれば、あなたはローソク足波動論を使いこなしたようなものです。

 

簡単なクイズの方が導入のつかみとしては適しているでしょうが、あまりにも簡単でその後の主張へ飛躍しすぎです。

誰でもできることを伝えたいあまりに、誰にも響かない内容になってしまっています。

この簡単な理論で誰でもできる!という流れから、実はオリジナルツールを使っていることや、これまでに莫大な時間と労力を検証に費やした説明が出てきます。

来る日も検証、検証で、チャートを見ない日はなかったとのことです。

ずいぶん努力されていますね。

最後に、プロジェクトの設定金額がめちゃくちゃです。

仮に1か月で900万稼げるようになるとして、その方法が49,800(税抜)で買えることについて普通の人はどう思うでしょうか?

普通の人であれば疑います、1か月で900万が虚偽なのか、そのための理論が49,800円で買えることが虚偽なのか。

もちろんどちらも虚偽の可能性も捨てきれないでしょう。

なんのメリットもないものに49,800円も払うなんてたまったものではないですね。

さらに最初は料金を248,000円にしようとしていた旨が記載されています。

多少安くしてくれる気持ちであればありがたいことですが、あまりにも減額しすぎです。

当初の248,000円が設定ミスなのではないかと疑ってしまいます、そして248,000円の料金設定の根拠もありません。

6個総額15万円相当の特典がプレゼントされるそうですが、これも怪しさに拍車をかけています。

特典のプレゼントの価値の方がメインの受講料より高いという逆転現象が起きています。

特典の総額が、受講料金より高いのは違和感がありますよね。

1か月900万円稼ぐ方法が49,800円なのに対し、そのオマケの価値が15万円というのは無理があります。

当然特典が○○円相当だとういう根拠は不明です。

実績に信ぴょう性がなく、ユーザーの声などの実体験の情報がない

ローソク足波動論で利益を生み出した実績として、ローソク足一本で376000円の利益。

1か月で合計6392000円の利益 603万円の利益 6016000円の利益が続出したと実際の資料と共に実績として掲載されています。

しかし、この実績に信ぴょう性が感じられないのです。

マイナス取引が記載されていない。

実績の表には、376000円の利益が出た取引しか記載されておらず、利益が出なかった取引に関しての記載がまったくありません。

仮に理論通り8割の勝率を叩きだしたとしても、確実に2割は負けたはずです。

おそらく負けたであろう取引にはが記載されており、いくらマイナスだったのかがわからないようになっています。

記載が意図的にになっているということは、実績表そのもの改変されている可能性も否定できません。

ただでさえ怪しい理論が、情報の改変により怪しいものになっています

勝率が7080%ではない

月の損益額をまとめた表があり、月収600万、700万、900万をこえる実績!と書かれています。

損益額はそうなのかもしれませんが、ここで注目するのはその勝率です。

冒頭では勝率7080%を謳っていたはずの勝率が5665%にとどまっています。

利益が出れば問題ないと思われる方もいるでしょうが、実績が本当で稼げる証拠として掲載するのであれば、冒頭の説明通り7080%の勝率を出した実績を掲載するのではないでしょうか?

また月によって取引回数にばらつきがあるのも気になります。

多い時は988回少ないときはわずか10回です(笑)

本当に安定して利益を出せるのであれば、ここまで取引回数に差が出るでしょうか。

この実績表も都合よく改変されている可能性が感じられます。

最も利益の出ていた部分を抜き出して表示している可能性も有り、他の期間であれば、1000万円以上の損が出ている可能性もあります。

実際に稼いだ人の声がない

また橋本純樹氏のことは多くのスペースを使って説明されていますが、実際にこのローソク足波動論で、大金を稼ぐことに成功した人の情報が一切ありません。

実績表もなければユーザーズボイスのような声もありません。

途中バイナリー初心者のフリーターの方が片手間に稼いだ様子が紹介されていますが、スマートフォンをいじっているだけの写真を並べただけで、実際に稼いだかどうかは疑問が残ります。

以上3つのポイントから億千万バイナリーはおすすめしません。

億千万バイナリーよりおすすめのツール

訳のわからないツールにお金を払うよりまずは無料で稼げるFXで資金を増やした方がいいでしょう。

無料ツールであれば初期費用0円でリスクも少なく始めることが可能です。

 

【おすすめツールの特徴】

  • 初期費用0円の無料EA
  • サポート体制が整っている
  • FX初心者でも知識0から始められる
  • リアルタイムで800名以上が参加している
  • 参加者を稼がせることが目的のツール

無料のFX自動売買システムの詳細はこちら。

>サラリーマン×副業

サラリーマン×副業

会社員をしながら本業の収入を超える方法